精従懇定例会における主な活動報告


1994年9月10日
(サンケイ会館)
連続シンポジウム1「変わりゆく日本の精神保健医療と福祉」
「精神医療改革運動の新たな展開を求めて」    朝日俊弘
「精神障害者社会復帰施設の進捗計画について」   新保祐元
12月4日
(サンケイ会館)
連続シンポジウム2「変わりゆく日本の精神保健医療と福祉」
「精神障害者生活援助サービスの現状と課題
-必要とされる社会資源数を当事者ニードから検討する-」
大島 巌
「あるべき地域精神保健システムの基本プラン
-精神医療改革の視点から精神保健ゴールドプラン
(ノーマライゼーション)を展望する-」
森山 公夫
1995年1月21日
(サンケイ会館)
連続シンポジウム1「変わりゆく日本の精神保健医療と福祉」
「21世紀へ向けた「精神医療・保健・福祉施策」の必要性について」 浅井 邦彦
指定発言  調  一興
1999年7月24日
(労働スクエア東京)
シンポジウム「精神保健福祉法と今後の課題」
「精神保健福祉法改正の概要」  杉中  淳
「暮らしやすい地域での生活環境と働きやすい職場」 堂本 暁子
「精従懇の立場から」 佐藤三四郎
「精神保健福祉法改正と今後の課題について」 佐藤 久夫
2000年11月25日
(労働スクエア東京)
シンポジウム「精神保健における当事者本人の『意志決定権』」
2001年 公開学習会「援助活動における自己決定再考」 熊倉 徹雄 
2005年11月26日 学習会「障害者自立支援法をめぐって~よりよい地域生活支援を目指して~」
講演 鷲見 学
2006年3月25日 学習会「障害者自立支援法施行にむけた障害福祉サービス及び障害福祉計画の準備状況等について」
講演 若林 健吾
2006年11月25日 「障害者自立支援法に係るミニフォーラム」開催
2007年3月24日
(ウェルシティ東京)
緊急シンポジウム「精神障害者の地域移行をめぐって~街で暮らすとは~」
 9月22日 講演会「精神保健・医療・福祉施策の歩みと今後の課題
~精従懇に課せられたもの~」
朝日 俊弘
11月24日 緊急勉強会「障害のある人の権利に関する条約を学ぶ」
講演 東 俊裕
2008年7月26日 勉強会「これからの障害者施策の方向性について」
講演  武田 牧子
2010年3月27日 勉強会「障がい者制度改革推進会議の意義と進行状況について」
講演  関口 明彦
2010年11月16日 講演会「トリエステの精神保健」
「バザーリア法は世界で最も進んだ精神保健福祉法 」 マリアグラツィア・ジャンニケッダ (フランコ・バザーリア記念財団理事長)
「家族会は精神保健改革の強力なエンジン 」 ジゼッラ・トリンカス
(イタリア家族会連合会長)
「欧州最古最大の精神病院を閉めた経験から 」 トッマーゾ・ロザーヴィオ
(バザーリアの愛弟子の精神科医)
「病院ではできなくて地域センターならできること」 ジョヴァンナ・デル=ジュディチェ (バザーリアの愛弟子の精神科医)
「精神病院に頼りすぎるニッポン!」 (コメンテーター/司会)
大熊一夫
2011年1月22日 シンポジウム「イタリアの精神医療改革に学ぶ」  
(1)トリエステ講演会で伝えられたこと・伝えられなかったこと……
大熊 一夫
(2)バザーリアの思想と著作……  梶原  徹
(3)拘束しない医療と看護を求めて…… 渡辺  乾
(4)討論   
3月26日 講演 「わが国の精神保健のゆくえ」
講師  堂本 暁子
11月26日 学習会「精神保健医療福祉の改革に向けた取り組みについて」
講師  中谷祐貴子課長補佐
1)精神疾患が医療計画に記載すべき疾患に加えられることに伴う、医療計画基本指針作成に向けた取り組み状況
2)精神保健医療福祉の改革に向けた取り組みの全体像
2012年3月24日 学習会「法制度改革の動向」
講師  石毛鍈子衆議院議員
①「障害者自立支援法」に代わる法制度の動向
②「こころの健康基本法」制定に向けた動向
2012年12月8日 学習会「精神保健福祉法の改正に向けて」  
①「精神保健福祉法の改正に向けた検討状況」
(厚生労働省社会・援護局精神・障害保健課 高鹿秀明課長補佐)
②「『医療保護入院患者の保護者に関する調査』報告」 (岡山市こころの健康センター 太田順一郎所長)